撮影前の準備

顔出し無しでも、SNSやブログでオシャレで「あなたらしい」写真を撮るには・・・?

今日は顔出しNGの方でも、オシャレで「あなたらしさ」を伝わる写真についてお伝えしたいと思います。

最近、撮影をお申込み頂いたお客様より「顔がわからない位の遠めのお写真が欲しいです」と言ったお声を頂くことが増えました。

お話を伺うと、務めている会社が「副業禁止」や「個人の発信の取り締まりが厳しくなった…」だったり転職しようとされている方でも「副業がOKかどうかわからないから…」などの理由で

顔出しOKと顔出しNGなお写真のどちらも撮影することがあります。

 

もちろん!こんな撮影も大歓迎です!

 

私も副業禁止の会社にいたので、顔出し無しで発信していた時期がありました。正直色々やっていきたいことがあるのに、なんかもどかしいですよね。

でもそんなことであきらめたくないし!そんな理由で、カンタンに会社も辞めて欲しくない!

制限のある環境下にある方が「どうしたらできるようになるんだろう?」って、人は考えるようになるし、なんやかんやで、やっぱり会社には守られていることがあるんです!笑

だから会社にそこは感謝しつつ出来る範囲でまずはやりたいことをやっていきましょう!!

 

てなわけで今日は
顔出しNGの場合の写真の撮り方のご紹介を3つします♪

恐らく隠す程度も、色々レベルがあると思うので「自分はこれくらい隠したいな~」と参考にしてもらえたら良いかなと思います。

 

私はあくまでもモザイクやスタンプ、目に黒い線を入れるなどはオススメしません。

集合写真なら別ですが、プロフィール写真に使うご自身の写真ならスタンプやモザイク加工にしてしまうと、それだけで信頼感が落ちてしまいます。

そんなことしなくても、こんな撮り方で工夫できますよ~というやり方をご紹介します♪

後ろ姿や横顔を映す

これは定番ですよね♪遠めから撮ったり、景色になじむ位わからなくしたり。あるいは顔が近くても髪やボケ感でわからなくしたり、やり方は色々あります。

 

近すぎるとNG…という方は「思いっきり遠めでお願いします!」とカメラマンに伝えるのが良いかもしれません。

私は「思いっきり隠したい!」とお客様が思っているかもしれませんが
写真を見た後や時間が経つと、気持ちが変わる場合があるかもしれないな…と思い

微妙なラインの写真をいくつか撮るように心がけています。
なのでどれを使うか?はお客様の判断に委ねています。

撮影途中も「これくらいはどうですか?」と聞くようにもしているので「もっと隠してほしい」「もう少し顔は見えてもよい」というバランスは都度カメラマンに伝えてみてください。

体のパーツを使う。

例えば…手元や足元だけとか、顔以外を映すってことですね!靴や手元のアクセサリーだったり、お洋服もちらっと映る感じで。

「自分らしさ」をさらに伝えるには、靴やアクセサリーもお気に入りのモノだったり、いつもつけているものを使うと良いですね!

逆に「本当に誰かわからない位が良い!」という方は、デニムやスニーカーなど「誰でも着けていそう」なモノをチョイスすると良いです。

例えば…「オレンジのスニーカー」とかを履いていると、周りにあまり「オレンジの靴」を履いている人がいなかったりすると逆に目立つことになるので…自分を出したくない方は「無難」なものを選ぶと良いでしょう。

小道具を使う

目元だけで良いならサングラスでも良いですよね♪顔を全て隠したい場合は、顔が覆えるくらいの大きさのものを用意しましょう!

これも本だったり、手帳やノートだったり、帽子や花束などなんでもOK!私は「カメラマン」として活動しながら顔出しを出来なかったので、最初はカメラで顔を隠していました。

副業されている方は、副業で使っているツールを持つと「何をする人か?」一緒に伝えられるので良いですね!

もし何も持っていない場合は道端に落ちている葉っぱでも♪

大きいものがあれば良いですが顔より小さくても、遠近法を使えば顔を隠してしまうこともできます。

せっかく撮るならお気に入りの手帳やノート、大好きな作家さんの本や女性はオシャレなネイルをチラ見せすると良いですね♪

撮り方としては「私、顔隠してます!」と、ただ正面から本で隠すというより、お昼寝のシーンだったり、読書シーンだったり。さりげなく撮った一枚が顔がたまたま映っていない”雰囲気を出すのがオススメです♪

「顔を隠したいんやなこの人」って伝わるよりも顔がわからないけど、オシャレな人だなぁ~!どんな人なんだろう?!」と興味を持ってもらえる方が嬉しいですしね!

<上級編>水面越しに撮る

これはたまたま川辺があったので撮った一枚でしたが…
顔がわかるようでわからない?オシャレな一枚になったのでご紹介します♪

例えば水たまりだったり、川だったり、水のある場所で立って頂き水面を撮る。

この時、水がキレイな場合は顔が映ってしまうと思うので、顔をわからないようにする場合は、石を投げたりしながら微妙に水面を揺らして撮ってみるのも良いですね。

川の場合は、場所によって危ないところがあるかもしれないので、絶対無理しないように!

 

 

以上、3つのポイントをお伝えしましたが…いかがでしたでしょうか??

 

スタンプやモザイクを使わなくても、オシャレな顔出ししない写真はたくさん撮れます!

お客様からも「顔出しなしの写真の雰囲気が素敵でテンションがあがりました!」と、嬉しい声も頂いております。

私は顔がわからないからこそ!その方の雰囲気がより伝わるように。より色んなパターンでお写真を撮るように心がけております。

プロフィール写真に顔出しの写真を使うことで、見てもらう方が「信頼感が増す」のは十分わかっている。

・わかってるけど、そんな簡単に出せない!
・でも発信はしていきたい!
・自分をもっと出していきたい!

 

という方こそ、私は応援していきたいと思ってます。あなたの魅力は、顔を撮らなくても十分伝えられる!だから小道具選びやお洋服、ネイルや髪は大切にして、ぜひたくさん写真を撮ってくださいね♪

それではまた!